横浜で購入する家具類について考える

横浜の住人は、地元を愛する人が多いと言われます。
京都の人も京の街を自負すると言われますが、横浜では近代化が進んだ時代、東京の人などから憧れられたものと言われます。
外国文化を発信し、流行の先端を行く街でした。
そんな街に住む人たちは、地元が好きと言うのも当然なことなのでしょう。
この外国文化が、日本の環境を大きく変えた訳です。
お洒落な街と言うイメージになり、映画館やジャズ喫茶には、東京からわざわざ通う人もいた訳です。
このお洒落文化は、住まいにも影響して来ました。
外国人住宅が多いことから、家具類にも日本感覚にはないものが、多く揃えられることになっています。
食器棚やベッドなど、日本には無かったものが横浜の街に入って来ることになります。
お洒落感覚に研ぎ澄まされた横浜の住人は、挙ってこの外国製品を購入するようになっていました。
そのため今の時代になっても、お洒落感覚が一流と言われ、それは家具類の購入においても、同様なことと考えられます。